交通事故の加害者は、全員が支払い能力があるかと言ったらそうではありません。
中には支払い能力のない加害者もいます。
例えば高齢者で収入が全くなく、殆どお金を持っていない場合は勿論の事、時には加害者が自己破産をしていて全く財産がない状態になっているという事もあります。
この様な場合は相手が任意保険に加入していない事も多く、結果として必要な保障を受ける事が出来なくなってしまう場合もあります。

交通事故の問題を解決する為には訴訟や裁判をする必要がある時もありますが、この場合に相談すべきなのは交通事故を得意分野としている弁護士です。
弁護士には得意分野があり、家族関係や相続等様々に別れています。
出来るだけ正しく、そして自分の納得できる結果にしたいと思ったら弁護士を選ぶ時は交通事故を得意としている人にする事が最低限必要です。
裁判

ではどうすれば交通事故を得意としているかと言う事が分かるでしょうか。
これを知る方法の一つが、法律事務所のサイトを見るという事です。
実際に見てみるとどのような案件を良く行っているのかと言う事が記されている場合も多い為、それを見て判断する事ができます。
また自動車保険の会社で紹介してもらう事も可能なので、支払い能力のない加害者との事故の時は、まずは例えば交通事故弁護士のようなプロに相談する事が重要です。

交通事故は弁護士にとってもとくに経験や医学的知識をはじめ特殊で専門的な知識が必要な分野のようです。
交通事故に詳しい弁護士事務所では、依頼者の腱板損傷のMRI画像をシャーカステンにかざして議論を重ねるという光景が日常的に見られます。
交通事故に詳しい弁護士に相談すべきでしょう。